妊娠 便秘

 

 

 

 

 

 

妊婦中の便秘について

 

妊婦が妊娠中に悩まされる辛い体調の変化の第一位はつわりですが、つわりは安定期に入ればほとんどの人が落ち着いてきます。しかし辛い体調の第2位となる便秘は違います。

 

妊娠中はお腹のなかで胎児を育てている間はずっと便秘症状に悩まされる人が多く、出産後も授乳で水分不足になることから便秘を長引かせ、すっかり便秘ぐせが付いてしまう人も多いようです。

 

 

妊娠をすると、妊娠状態が長く続くために必要なプロゲステロンというホルモンが分泌され、このホルモン作用により腸の運動機能が弱まります。
また、羊水を貯めるのに水分も必要となるために水分不足にもなります。
それに赤ちゃんが成長するに伴って子宮も大きくなることで、腸が圧迫されて腸の運動が弱まり便秘になってしまうのです。

 

 

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんが成長してきて胎児の頭が骨盤に下がり、胎児の下降に伴って子宮も下がってくるので、腸を更に圧迫して便秘症状は強まってきます。

 

つまり妊婦は妊娠中はずっと便秘に悩まされることになります。
出産後に便秘が治る人もいますが、産後も授乳の関係で便秘に悩まされ続ける人もいるますね。

 

 

妊婦の便秘は痔というトラブルも引き起こします。

 

妊婦中の便秘が原因で痔になる妊婦はたいへん多く、痔のまま出産をすると分娩でいきむことで余計に痔を悪化させてしまい、授乳の時に座るのも困難な状態となるケースもあります。

 

ですから、妊娠中の便秘は早い段階で改善する必要がありいますが、
妊娠中の便秘の解消に市販の薬を服用するのは避けなればいけません。
これは妊婦の常識ともいえることで、便秘薬だけでなくどんな薬でも同じです。

 

市販薬を飲んだことで流産や早産、死産、胎児へ障害を与えるとは限りませんが、市販薬のほとんどが妊婦の服用を禁じています。

 

なにかあってから「飲むのではなかった」と後悔しないためにも市販薬は避けるべきです。

 

薬を飲むほど辛い便秘ならば、かかりつけの産科の医師にすすめられた薬か処方された薬を飲むようにしましょう。

 

 

便秘の改善には食事や生活の改善が有効です。
青野菜、根野菜、豆類、海草類などで食物繊維を摂り、こまめな水分補給もしていきましょう。

 

体の調子が良ければウォーキングやヨガ、ストレッチなどの運動も便秘の改善に役立ちます。

 

 

妊娠中の便秘は大変辛いものと知られています。
便が出ないからといきむようなことはせずに、毎日の食事にたっぷりと野菜を取り入れて、こまめに水分を飲み、お腹に負担がかからない程度の運動で自然に便を出せるように改善していきましょう。